スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

可動間仕切り 直角!

施設に可動間仕切り設置の工事をさせていただきました。

大部屋を4部屋に区切るもので、ベット等の大きな家具も通らなければいけないので

大きな開口が必要となります。

3枚の引違戸を、同一線上ではなく90度折れ曲がって移動させて戸をしまい込みます。

ホテルの広間や会議室のスチールパーティションでは見かけますが、

これを木製建具でできるのかと思いましたが・・・・。

ありました!そんな金具が。

アトムの移動間仕切金具SWシステムです。

IMG_0284_convert_20180404134446.jpg 
こんな感じの引戸が


IMG_0285_convert_20180404134655.jpg 
特殊なレールと吊戸滑車でスムーズに回ります。回転する時かなりスペースとるので注意。


IMG_0283_convert_20180404134850.jpg 

これならば一般住宅でも車椅子の方のトイレにもうまく使えば、可能性はもっと広がるのでは。
もちろん、建具のデザインは自由です。

ただ、価格はぼっけーたけーで!
スポンサーサイト
.04 2018 未分類 comment0 trackback0

アイビースクエアの石畳

倉敷アイビースクエアで毎年開催されている「龍の仕事展」に
今年もお手伝いさせていただきました。

新しい龍も登場しています。






DSC_0051.jpg 
会場のアイビー学館は床が石畳なんですが、エントランスは一応スロープになっております。

ただ石の段差が大きいところも多々あってバリアフリーとは言い難いです・・。

こういった伝統のある施設とバリアフリーとの兼ね合いは非常に難しいところがあると

いつも考えさせられます。

.05 2017 未分類 comment0 trackback0

跳ね上げ手すりは下地注意



車椅子利用者さんのトイレをリフォーム。

既存のトイレのスペースを広げて片側に跳ね上げ手すりを付けました。

鉄骨系プレハブメーカーの家だったので壁をできる限り補強し、

さらに間柱状の板の上に手すりを取り付け。

使用時には、下向きの力と回転モーメント?がかなりかかってくる。

なのでコンパネのみのような下地では足りず、床に付いたしっかりした補強が必要。

また上側のビスは特に緩みやすいので注意が必要である。
.07 2017 未分類 comment0 trackback0

トイレカウンター手すり

IMG_0069_convert_20170303070141.jpg 
トイレカウンターに長細い穴を開けて、それを手掛かり兼手すりにしています。

写真ではわかりませんが、
トイレの平面が変形で、便器の背面の壁が斜めになっています。

便器前のスペースを最大限にとるため、便器も斜めにふって設置し、
壁に紙巻を付けると遠くなるのでそのためにもカウンターを付けました。

既製品ではなかなかこういうことはできません。


.15 2017 未分類 comment0 trackback0

タモのオリジナル手すり

IMG_0024_convert_20170301174629.jpg 

新築現場でタモのムク材で階段手すりを作りました。
受け材もタモで自作しました。

階段に踊り場があるので稲妻型になってます。
壁は真壁で、杉柱の間にシナベニヤを同面、底目で張ってます。
(階段の横幅を少しでも広くするためここだけ真壁にしてます)

階段の手すりは「握る」という意味では丸棒のほうがふさわしいと
思うのですが、手を滑らせながら移動するという点では問題ないかと・・。
ちなみに手すり板の裏側には溝が掘ってあり、指がかかりやすくなってます。

手すりの太さは60×35程度で、ちょっと太いかとも思いましたが、
階段の下部4段がオープンになっているので強度、デザインも考えて
この太さに落ち着きました。

IMG_0017_convert_20170301174834.jpg 

IMG_0019_convert_20170302070833_20170302071635489.jpg 


.02 2017 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

tesuri

Author:tesuri
福祉住環境コーディネーター1級で
一級建築士の手すり屋です。
取付けた手すりは数知れず。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

ご連絡はこちらから

ご意見、質問等何でもどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。