玄関の手すり いろいろ

取り付けた手すりに同じもの(形、状況)はないと言ってもいいでしょう。

利用者の身体状況・体型によって手すりの位置・形状は違いますし、

手すり本体の形・太さ・長さ・材質も様々です。

また、建築側の下地もいろいろあります。

 

玄関もいろんな手すりを取り付けることがありました。

(特に、改修においては。)

 p-gennkan6_20090307090447.jpg 

     一般的に一番多いタイプです。上がり框のところに縦の手すりを取り付けています。

p-genkan5.jpg 

これは、斜め一直線に付けています。

p-genkan4.jpg 

これも同じ。杖置場となってしまってますが、手すりを使う時はちょっと危ないかも。

p-gennkan2.jpg 

これは、縦と横と斜めが組み合わさったものです。

やはり一番使い勝手はいいかも。

これらの手すりは、全てご本人様、ケアマネさん等と相談した上で工事しています。

スポンサーサイト
.07 2009 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

tesuri

Author:tesuri
福祉住環境コーディネーター1級で
一級建築士の手すり屋です。
取付けた手すりは数知れず。

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

ご連絡はこちらから

ご意見、質問等何でもどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード